チップを渡すタイミング

海外旅行に行ったとき、チップを渡すタイミングに迷うことがあるかもしれません。日本には浸透していない文化なので、どのタイミングでどれくらいの金額を渡すべきかあまり知らない人も多いでしょう。 多くの人が海外旅行でホテルに泊まるはずです。ホテルに連泊すると、クリーニングのサービスが入って、タオルの交換やベッドメイキングをしてくれます。このクリーニングのお礼としてチップを置いておきましょう。枕元やベッドサイドのテーブルに1ドルから数ドル置いておけば良いです。部屋の中やお風呂を汚してしまって掃除に時間が掛かりそうだと思えば、もうすこしチップをはずんでも良いかもしれません。お釣りの制度は無いので、事前に1ドル札を多めに用意しておくと安心です。

飲食店でのチップのお支払い

海外のレストランでは食事の金額に加えて、料理を運んできてくれるウエイターさんにチップを支払います。ファーストフード店で自分で料理を運ぶ場合はチップを払う必要はありませんが、テーブルに着席し、ウエイターさんがオーダーを取り、料理を運ぶシステムのレストランならチップを払うのがマナーです。 チップンを払うタイミングはお支払いのタイミングです。チェックをお願いすると、伝票を貰えます。伝票には料理の値段が書かれていて、その下の段にチップの金額を記入する欄があります。料理の15%~20%がチップの相場です。特別な待遇を受けたと思ったら18%以上の金額を記入しましょう。料理の値段とチップの値段を合計した金額でカードを切ってもらえます。